読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

10/31 と11/1 は多摩市 三角広場へ集合だ!!入場無料でライブが見れるぞ!!全感覚祭’15



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216221641j:plain

どうもこんにちは。佐々希です。今回は全感覚祭’15について。とにかく、タイトルでもあるように多摩市 三角広場で無料ライブがあるんだ。煽りでつけたタイトルには『無料』となっているが、投げ銭制だ。君が価値を決めるんだ。ちなみに、僕自身は関係者でも何でもないただのファンだ。遊び場を作ることを大人になってもやめない。それが全感覚祭だ。

全感覚祭とは?

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216221651p:plain

全感覚祭りとは何かから説明しよう。全感覚祭は『十三月の甲虫』というレーベルが主催している野外の完全手作りDIY野外イベントだ。このDIYイベント、去年から開催していて、今年で2回目。自分たちの力でなんかしたいなっていう意識の元作られたイベントだ。その精神から生まれたイベントなので、商業的な思惑は感じない、The 手作りのフェスである。公式サイトに載っているように、会場が公共施設でお金はとれないから、入場無料という仕組みである。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216221705j:plain

この画像を見て頂いたらわかる通り、まるで文化祭のようだ。ワクワクしないかい。このテントは運動会で見たことあるやつだ。演奏しているのは、このブログでも紹介している『どついたるねん』だ。

去年は1日のみだったが今年は2デイズ。2日間で濃密な時間を体験できる、すごい良いイベントだ。なんてったって、今をときめくバンドやアーティストがいっぱい出るんだからね。しかもどれも個性派ぞろい。世の中には、ボリュームありすぎてグデーっとしちゃうイベントもあるが、全感覚祭は『我』の強いバンドが多いため刺激の連続で飽きないはずだ。

全感覚祭トレーラー2015

しかも無料だ。無料だからいけばいい。いかないより行った方がいい。僕個人的に、特に行ってほしい層の人たちは、ロックに疑問を感じている、またはロックに飽きた高校生、大学生に行ってほしい。大事なところだからもう一度言うぞ。ロックに疑問を感じている、またはロックに飽きた高校生、大学生に行ってほしい。この記事を見ている高校生や大学生は少ないかもしれないが、きっとこの2日間で何か得られるものがあるはずだ。他力本願で恐縮だが、雑誌やメディアで紹介されないところにいる、素晴らしいアーティストたちを目の当たりにしてほしい。ロックに疑問を感じているって言ってもピンとこないだろうけど、どういうことかわからないなら行って、その場で考えてほしい。あと、ロックに飽きたっていうのは、『似たようなものばかりだなー、もっとかっこいいバンドが知りたい』って人だ。

マスコットキャラクタ―

いきなりだが、全感覚祭のキャラ、全感か君だ。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216221716j:plain

この赤い感じ。配色。かわいい。これで子供とイベントにいっても安心だ。今話題のゆるキャラよりもっと突き抜けているぞ。

https://twitter.com/zenkankakun

出演者

日程はこちら。公式HPからとってきた。バンドは、一発でYoutubeに飛ぶようにしてあるからね!

 

全感覚祭’15 HP

 

-DAY1- (10/31) PEEPOW with man machines ?   快速東京  平賀さちえ K-BOMB   skillkills   柴田聡子 NatureDangerGang   中華一番   トリプルファイヤー The GUAYS   VOGOS

 

-DAY2- (11/01) GEZAN   テニスコーツ   踊ってばかりの国 豊田道倫   どついたるねん  青葉市子 car10   BOMBORI   KK manga ネジ梅タッシと思い出ナンセンス

 

【Artist】 PUKER / MASAHO ANOTANI / オートモアイ nusumigui / nekomotion

【全感覚戦士】 紹介シャウト:セイジ(ギターウルフ) / 進行:長州ちから あたため大使:げるしー / 恋愛skype相談:Taigen Kawabe(Bo Ningen)

会場:多摩市 三角広場 start 11:00 // ※入場無料 (投げ銭制)

 

去年の映像を見れば、その雰囲気が伝わる。アーティストも何組か2年連続で出てるから要チェックだ。

まとめ

本当はアーティスト紹介とかしたかったんだけれど、公式HPでやってるし、これからやるみたいだから必要ないかなってことで。どのアーティストを調べても、たぶん面白いから、高校生、大学生のみんなは、自分で探して欲しい。またちょっとした刺激や、夏にやり残したことがある方。やる気を出したい方とか、もうデートとかそういうので行けばいいんじゃないかなと思います。

凸-DECO-

凸-DECO-

It Was Once Said to Be a Song

It Was Once Said to Be a Song

かつて うた といわれたそれ

かつて うた といわれたそれ