赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

老若男女にウケるかも。 WANIMA はなぜこんなに売れているのか。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216204141j:plain

今回はWANIMAについて。このあいだ友達数人と久しぶりに飲んでいると、WANIMAの話題に。僕以外みんながっつり知っていて、バンド名しか知らない僕はちょっと驚いた。ってことで何曲か聴かせてもらって、なるほどーっとなったので記事にしますわー。

WANIMA

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216204154j:plain

読み方はワニマ。由来はどうやらメンバーの名前にあるようで。WANIMAの現メンバーはベース、ボーカルの松本健太。ギターコーラスの西田光真。ドラムの藤原弘樹の3人。でも元々ドラムはまた別の人だったみたい。そんで前身のドラムの人の名前の頭文字が『ワ』で、西田の『ニ』、松本の『マ』でワニマになったみたいだよ。で、新しく藤原が加入して『フニマ』にしようかってなったらしいけど、まぁそこは『ワニマ』でってことでワニマになったようだ。

WANIMAの2つの武器

1つめの武器は、音楽性と歌詞だ。ヒップホップとレゲエが好きなベースの松本がいて、ただのメロコアにはない面白いテイストを加えている。若干レゲエっぽかったり。スカっぽかったり。ヒップホップっぽかったり。フォークっぽかったり。もういろいろ入っている。でも全然ごちゃごちゃしてなくてまとまっててすっきり。メロコア好きを飽きさせない工夫がちゃんとある。

WANIMA/BIG-UP

そして2つ目の武器は歌詞である。日本人は歌詞大好きだ。メロコアのシーンでは今でも英語歌詞が主流であるが、WANIMAは日本語歌詞。本当に直接的な日本語歌詞。ストレートで分かりやすい。歌詞の中身も良い。そしてなによりハモリの多さ、合唱系の歌もあったりする。『盛り上がる』という点においてはかなりハイレベルの曲を提供している。

WANIMA/TRACE

さて、タイトルにあるような老若男女にっていうのに追及してみる。まずこの2つの武器が日本の音楽の需要にぴったりと合うことがわかる。ストレートな歌詞のセンスは、一大ブームを巻き起こしたあの『MONGOL800』通じるものがあると思うし、またメロコアのリズムに様々な要素をミックスしたことは『ORANGE RANGE』のようなパーティー感を生んでいる。上にあげた2バンドはどちらともバンドとして大成功している。その『いいとこどり』のWANIMAが老若男女に受ける可能性は十分にある。

まとめ

PIZZA OF DEATH がライセンス契約をしたことでも一躍話題になり、結局ファーストアルバムはバカ売れしたようだ。驚きなのは、僕の身近にいた、普段音楽を聴かないような人たちでさえもWANIMAを聴いているということ。それだけ影響力がすごいし、『一発で自分たちの魅力を伝えられる今の音楽シーンに合ったバンド』だということがわかる。今後、WANIMAがメジャーなシーンに食い込んでいくことになるのは容易に予想できる。

Are You Coming?

Are You Coming?

Can Not Behaved!!

Can Not Behaved!!

Think That...

Think That...