読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

Vampilliaってバンドがぶち抜けてる。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216214014j:plain

最近ようやくやる気が出てきてる。あとようやくアクセスアップがじわじわと。サンクス。

今回は、Vampillia。久しぶりに戸川純を聴きたくてググっていたら見つけた。本当にやばいこのバンド。

Vampillia

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216214027j:plain 名前だけは知ってるよって方も多いんじゃないかな。僕も名前だけ知っていた。でも詳しくは全然知らなくて。読み方はヴァンピリア。関西の10人+αのバンドだ。(メンバーが日によって変わるのだ)2005年ごろ結成だから結成10年くらい。

デス、ゲス、オペラによる3ボーカル、ツインヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ、ツインギター、ベース、DJ、ドラムの構成。

このデス、ゲス、オペラっていうボーカルがベム ベラ ベロみたいでいい。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216214055j:plain

僕も早くちゃんとした人間になりたい。

これはもちろんデス声、ゲス声、オペラ声っていう構成のこと。でも最近のライブ映像を見るとボーカルは2人になったようで。ライブも見た目も The 関西 。結成当時はBOREDAMSのメンバーもいたようだ。とりあえず一曲。僕が最初に聴いた戸川純のやつ。

Vampillia/lilac (bombs 戸川純 )

やばくね?やばいやろ。すさまじく綺麗で、それでいて奇妙。どこか日本の童謡にも似た、優しさと怖さを含んだ曲だ。あの伝説的バンド『たま』にもインスパイアされているような、そして芸能山城組のような民族的な感じ。多分今日からヘビーローテーションでしょう。

さて、他のPVを見てみよう。おそらくVampilliaの中で一番有名な曲は、この田代まさしが出演しているPVではないだろうか。なんの巡りあわせか、このPVは5年前くらいに見たことあるやつだった。インパクト強すぎ。

Vampillia/heyoah

もう色物すぎてついていけない方が多いんじゃないだろうか。お気づきの通り彼らはノンジャンル。もう何でもしてるのだ。言い表せないまさしく別次元の音楽である。変態音楽人間はきっとこういうの聴きまくってハイテンションになっているのだろう。そしてこの違和感を楽しむのが彼らの醍醐味だ。正直、僕もついていけてない。でもなんかすごいっていうのはわかる。彼らはPICHFOLK(アメリカのレビューサイト)でも8点をとったみたいだ。それで世界的にも評価されてる。ロックファンなら知ってるようなアーティストからリミックスされたり。

でも彼らの真のすごさは、多分僕も含め、みんなが気が付いていないだろう。そんじょそこららのやつには語れない。だって別次元だからそう簡単に凡人にわかるようなものではない。

公式HPも変態的な作りでいい。

Vmpillia.com

かっこいいし、無駄に凝ってる。こういう無駄に凝ってる感はむしろPOPだ。音楽は変態だけどね。あえてジャンルを言うならエクスペリメンタルだろう。でもジャンルは君が決めてね。このノンジャンルの音楽こそが考える音楽であり同時に感じる音楽だ。Syrup16gが『黒いミスチル』って言われてるのならば、彼らはまさしく『下水道のArcade Fire』だ。

まとめ

彼らのことを書いていくと、まだまだ長く書けそうだ。でもとりあえずこの辺で。なんだか愛着が湧いてくるのも彼らの魅力だろう。見た目だけ見ると怖いし近寄りがたいが、公式HPを見るとクラスに1人はいる、変な奴の集合体だってことに気が付く。ハイクオリティの変な奴の集合体だ。本当に危ない奴は、キングダムハーツのトリビュートになんか参加しないはずだ。

the divine move

the divine move

my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness

my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness

white silence

white silence