読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

アクモンと似てるだと?The Mirraz の模倣の姿勢は評価すべき



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215095049j:plain 邦楽バンドでもかなりいけてると思う。

The Mirraz

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215095059j:plain

Arctic Monkeysが出たときに、ロック少年たちはみんなこぞって聴いていた。彼らの影響はかなり大きく似たようなリフとリズム、皮肉や批判を含んだ歌詞を多用したバンドを全国各地のインディーライブハウスで見るようになった。

日本で最初にArctic Monkeys節を展開させ有名になったバンドはThe Mirraz(ミイラズ)だと思う。彼らも皮肉、批判たっぷりの歌詞でArctic Monkeysのフォロワーバンド的な扱いだった。

The Mirraz/CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい

そして当時はパクリだなんだ言われまくっていた。でもそのパクリだなんだを『かっこよければどーでもいい』っていう姿勢でやり続けている彼らは本当にかっこよかったし、なんか何言われても大丈夫なんだろうな的な一種の無敵感があった。

1つの音楽が有名になるとこぞってそれに似たバンドが発生してしまう。これについて僕はあんまりよろしくないと思っているんだけれど、なんだか彼らは共感が持てる。論理的ではなく破綻しているんだけれども。

The Mirraz/スーパーフレア

彼らに共感できるのは、素直なところかもしれない。Arctic MonkeysはArctic Monkeysで、MirrazはMirrazだという姿勢が音楽と歌詞から存分に感じ取れるからだ。パクリだなんだ詰まんないこと言うなよって彼らは言っているのだよ。

Arctic Monkeys自体、新しく世界的に見て似たようなバンドがいなかったからこういう風にパクリだなんだ言われたのだろう。でも正直全然彼らは気にしていない。なんだかロックスターのようだ。ノエルギャラガーもビートルズばっかりパクッてるけどカッコいいもんな。

あとMirrazのとっつきにくさはストリートからくるものじゃないかと予想。スカしてる感じと反骨精神はいつまでも持っていてほしい。でも最近は本当に独自の進化を遂げている。最初から独自性なんて持てないもんなんだ。彼らもデビュー早いし。

まとめ

模倣とサンプリングも全部オッケーって言っちゃってるのが、逆に皮肉になっているようでこういったわかりやすく批判してるバンド大好きです。つまりは音楽なんて時代に合った模倣とサンプリングで売れるか売れないか決まる。売れたくても売れないと嘆いているバンドマンはまず自分の音楽を時代にフォーカスさせてみてはいかが

OPPORTUNITY(初回限定盤)(DVD付)

OPPORTUNITY(初回限定盤)(DVD付)

We Are The Fuck’n World

We Are The Fuck’n World

TOP OF THE FUCK’N WORLD

TOP OF THE FUCK’N WORLD