赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

夢の中を散歩したいなら、Tame Impala



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214171139j:plain

今回はテーム インパラ!休みの日に聴きたいよね。

Tame Impala

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214171155j:plain

ドリームポップだったりサイケデリックだったりを独特の調合で完成させる音楽。つまりテームインパラ。彼らのことを僕もあんまり知らないので探ってみようと思いますわ!

とりあえず、現代風60年代サイケっぽいね。それこそ60年代のジミヘンだったり、ドアーズ、ピンクフロイドが好きな人は聴いてみたら結構しっくりくるんじゃないかなという感じ。

ポップセンスと浮遊感は、ビートルズのサージェントのルーシーインザスカイに通ずるものがありますな。現実の世界から一歩抜け出して、ゆっくりしたい日にはかなりいいBGMになると思うよ。

メンバーはオーストラリアの5人組。MGMTのサポートをしてた模様。確かにMGMTと似ている。どっちかっていうと、こっちのほうがよりムーディーでサイケデリック。MGMTのほうがへんてこって感じ。

彼らの有名な曲は『Feels Like We Only Go Backwards』結構ネガティブなことを歌っています。

後戻りしているみたいだー、ってことですね。

Tame Impala/Feels Like We Only Backwards

あと、一番売れたアルバムは『Lonerism』ローナリズムとよむぞ。宅録でケビン・パーカーというメインのフロントマンが1人で取ったらしい。聴いてみるとマジでビートルズ。マジで。ほんとにビートルズ。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214171226j:plain

ビートルズの中期後期のふわふわ感が好きなら聴いた方がいい。宅録っていうのがまた良いね。現代において宅録ってもうアルバムを作るうえでは当たり前の要素になりつつありますね。また、宅録のよいところとして、自分の考えや、主張したいテイストを自分ひとりで最初から最後まで邪魔されることなく入れられるってのがいい。だからいい意味で統一感が出る。アルバムに大事なのは統一感だと思う僕は、可能ならばもっと宅録増えちゃえば良いのにと思う次第。

Tame Impala/Elephant

まとめ

また新しいアルバムを出すようなので書いてみました。良いね。アルバムを出すごとに変わっていくバンドが多いけど、彼らはどうなるでしょうか。サードアルバムってすごい難しいと思うし。乞うご期待!

Innerspeaker

Innerspeaker

Currents / Ltd.digipak

Currents / Ltd.digipak

Lonerism

Lonerism