読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

あの頃の僕たちへ。スーパーカーは青春の輝きを持つバンド。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214104648j:plain

今回はスーパーカーの紹介。僕の本当に好きなバンドです。

Super car

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214104712j:plain

90年代後半から00年台初期にかけてのオルタナティブロックのバンドですね。ギターロックの中にシューゲイザー等の洋楽のテイストを多く取り入れていました。1stアルバムの音質も当時としてはかなり異端な音質です。はっきり言ってこういった音質に慣れてないと『耳が痛い』と思います。でもこれこそが邦楽界の挑戦でありました。日本の音楽を洋楽のそれに近づけようとしているのがわかりますね。大胆な方向転換をしたのにもかかわらず、一定の評価を得ることができたバンドですね。

Super Car/Cream Soda

CDのほうがもっとバキバキです。いやーかっこいいですね。歌詞も不明瞭でなかなか聞き取りづらい。そこがいいんですよね。90年代ポップソングはどうしても歌詞に注目してしまうようなボーカルを目立たせる音作りをしています。スーパーカーは時代の逆をいきますね。ノスタルジーと荒さを感じる。この音こそが青春のセンチメンタルな気持ちをうまく表現しています。面白いのはこのまま中期に向けてエレクトロテイストを加え徐々に変化していくのです。

Super Car/Sunday People

ピコピコし始めてますね。緩やかにエレクトロを混ぜ始めました。そんなにごりごりではないですけどね。どこかノスタルジックな雰囲気をかもし出しています。日曜日にだらだらしているBGMに最適。チープな宇宙を感じます。それでは後期。

Super car/Last Scene

初期のギターロックバンドをしてたところとは大きく変わりましたね。鍵盤まで入ってきたし。おしゃれ。とにかくもう一流の表現者、アーティストとしてやりたいことをやろうという意思が見えますね。この曲は特にスーパーカーでも珍しい楽曲です。初期の雰囲気を保ちつつ新たなチャレンジをします。おそらくスーパーカー自身の根本が変わっていないので、ファンもスーパーカーについていったのではないでしょうか。

まとめ

こういったアーティストは珍しい。でもこれが真のアーティストだと思います。やりたいことをやりつつ根本のテイストは変えず。このスーパーカーの活動を通して音楽の幅が広がった人、洋楽に抵抗のなくなった方も多いと思います。本当にリスナーを育てたし、ワールドスタンダードにして行こうという意識が見えますね。この頃はよかったなんていいたくないが、ぶっちゃけ、この頃がよかった。独自性が認められる、みなが同じ方向に向くいい時代になってほしいものです。ノスタルジックな青春の匂いのするスーパーカー、叙情的なメロディ。皆さんも是非。