読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

夏を楽しむためのおススメの映画 10選



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818231925j:plain

 

夏だ!駆け出したくなる気持ち!抑えられない衝動!海!山!祭り!

 

しかし外に出るのは面倒だ。暑いしだるい。汗をかきたくない。そんなインドア系の人たちに捧げます。夏の映画。

 

『夏』をテーマにチョイスした。(夏じゃないやつがあったらごめんよ。)

本当は青春を感じる映画であったり、アクション映画だったりを選びたかったのだが、季節が夏じゃないからやめた。できるだけ『夏』が舞台の映画を選んだ。

 

ちなみに、となりのトトロを入れていたのだが、どうやらトトロは5月らしく、びっくりしたのであった。

 

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818225839j:plain

『たしかに、さつきとメイってどっちも5月だもんな・・・。』

 

 

夏に見るべきおすすめの映画10選

さて、意外とすんなりいったのだが、ぶっちゃけべたになる。どのサイトでも紹介しているものばかりだ。どんまい俺。では、いきます

 

~とりあえず夏がついとけば夏映画だろ!編~

 

タイトルというものは親切だ。夏と書いてある映画は絶対に夏の映画だ。だから、なんも考えないで、夏の映画が見たければ、夏と書いてある映画を見ればいい。なんとかサマーとか。サマー何、とか。夏とついている映画を集めた。

 

菊次郎の夏

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232035j:plain

北野武の映画。もう夏を感じるといったらまさくこれ。菊次郎というチンピラが、正男という少年の『お母さんに会いたい』を叶える映画。久石譲のテーマ曲『Summer』がすばらしい。

 

 

 

夏の庭-The Friends-

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232219j:plain

有名小説が原作の映画。夏が舞台だけど、根本的なテーマは『死』。子供の無邪気な好奇心が光る名作。大人に見てほしい。

 

 

 

サマータイムマシンブルース

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232339j:plain

タイムマシンを作ったけど、超大作SF映画のような、そんな大それたことは起きない。大学の一室を中心に起こる、タイムパラドックスを阻止する映画。

上野樹里がかわいい。あと若かれし頃のムロツヨシがいい。

 

 

 

サマーウォーズ

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232518j:plain

夏のアニメ。夏といえばこれやろうが!名台詞、『よろしくお願いしまぁぁぁぁぁぁす!』にすべての『夏』がつめこまれている。家族で楽しめる、アクションSF夏物語である。

 

~夏こそ青春を謳歌するんだ!編~

夏休みというのは中学生、高校生にとってはワクワクするものである。そして、普段勉強などで縛られている分、約30日という休みはエネルギッシュなものになる。その夏のエネルギーは、青春の代名詞だ。

 

ピンポン

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232732j:plain

Super carのテーマ曲『Yumegiwa Last Boy』 がめちゃくちゃいい映画。原作が松本大洋。その時点でもういい匂いがする。窪塚さんもめっちゃいい。あこがれて卓球部にはいる人もいるんじゃないかなっ、てくらい名作である。『ヒーロー見参』というセリフがシビれる。

 

 

 

時をかける少女

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160818232945j:plain

こちらも見るべきはアニメのほうである。時折でて入道雲がいい。夏の恋愛、SF物語。『未来で待ってる。』がキュンキュンする。女子ならもう『イヤぁぁっぁぁぁー!!!!』っていってしまう。

 

 

 

 

ウォーターボーイズ

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819002107j:plain

日本における青春映画の代表。村上龍原作の、男がシンクロ!?的なトンデモ設定。しかしそのトンデモ設定を微塵も感じさせない青春物語は、淡い気持ちになる。そしていざ泳ぎに行って、シンクロごっこをしちゃうのだ。

 

 

 

~大人のための鬱な夏。編~

大人には夏休みがない。そして落ち着いてしまって勢いがなくなってしまう。ただその落ち着きは、芸術性を楽しむ余裕だ。そして感傷に浸れる、たそがれるというのもまた、大人のいいところである。

まぁ何が言いたいかというと、みんな子供に戻りたいのだ。

 

スタンドバイミー

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819002605j:plain

 

もうね。夏休みがない大人はこの映画を見て、夏休みを思い出すよね。なんだかよくわからないけど、行ったことないところ、それが近所でも、めっちゃワクワクしちゃってたよね。今じゃドキドキはするけど、子供のころのドキドキと、大人のドキドキって違うよね。

 

 

ソナチネ

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819002710j:plain

これも北野映画。子供のようにはしゃぐヤクザを楽しむ映画である。開放的な夏の中に潜む狂気。グロテスクな感じがめっちゃ出るので、大人の人しか見ちゃだめだ。ただ、楽しんでいられない夏を送る人たちに向けた、憂鬱目な映画である。

 

 

 

耳をすませば

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819002756j:plain

 

鬱映画。まじで鬱。こんな恋愛してみたい。高校時代の休み時間、机で寝たふりをしてやり過ごしていた人たちにとっては地獄のような映画。『カントリーロード』はいい曲だ。しかし内容は甘酸っぱい青春物語。ただ、大人になってこれを見ることによって、精神力が鍛えられる。プチ修行におススめの映画だ。

 

まとめ

いかがだっただろうか。夏に見たい、夏を感じる映画を多く取り上げてみた。上で紹介した映画は基本的に王道であるから知っている人も多いかもしれない。

あと誰かいい夏の映画あったら教えてくれー!