読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

みんな持ってる。今更聞けない、吉田カバン ポーターの魅力



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112824j:plain

どうもこんにちは。今日は吉田カバンについて。

吉田カバンってなんだよ

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112844j:plain

吉田カバンっていったら、日本のカバン屋さん。一針入魂をコンセプトにハンドメイドバッグを作り続けている。
吉田さんが創業したから吉田カバン。そのまんまです。1935年に吉田吉蔵という人が吉田鞄製作所という会社を作って以来、現在までクオリティの高い鞄を作っている。また吉田カバンは、日本での製造を主流にしていることで有名。 ほとんどのものがMADE IN JAPAN。たまに海外製のもあるけどね。
そして何といっても、吉田カバンと言ったらPORTER。PORTERは1962年に誕生したブランドだ。

PORTERの魅力

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112855j:plain

なにがいいかってベーシックなデザイン性。年齢、性別、職業問わず、ベーシックな鞄。良くも悪くもファッションに全く興味のない、ちょっといけてない人もポーターをつかってるし、逆にめっちゃオシャレな人もポーターをつかっているのを見ますね。これは吉田カバンのブランド力と信頼性が高いからです。子供からご年配までしっかりとカバー。まるでアフラック。

地味すぎじゃね?

そう思う画面の前の君。確かに一般的なPORTERは地味だ。でもPORTERでもかっこいいのあるよ!それでもいまいちってやつは吉田カバン別ライン、カジュアルさを若干プラスした『LUGGAGE LABEL』を紹介しよう。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112925j:plain

このラインは本来ポーターが持つシックなデザインを大事にしつつもポップでカジュアルさを加えたものとなる。ちょっとシックで大人すぎって方はこのラゲッジラベルを使ってみよう。また、一方で『HEAD PORTER』というのもある。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112936j:plain

こちらは、ファッションの大御所、藤原ヒロシがデザインしていることで有名だ。他にもPORTER自体、様々なブランドとコラボしてたりするからそっちもチェックしてみるといい。

直営店限定品

また、面白いのは直営店限定品があること。吉田カバンの創業者の娘が丁寧に縫った名刺入れやパスケース。シックのなかに優しさを感じるデザイン。うわっ高そう。ってなるけど意外とリーズナブルだ。このクオリティでこの値段は買いだ。直営店が近くにある人は是非行って見て欲しい。直営店クラチカヨシダってやつだ。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215113136j:plain

クラチカヨシダ限定のカッコいいカバン。

セールについて

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215113148j:plain

写真はポーターのガーリーライン PORTER GIRL

セールまで待つかーってひとが大勢いると思うけど、吉田カバンは基本的に値下げはしない。値下げすることは巡り巡って職人さんの圧迫に繋がる。吉田カバンは鞄をつくる職人さんを大切にしているため、そりゃもう値下げ何てもってのほかだ。だから欲しいと思ったら売り切れる前に買って欲しい。あと、値下げをしないのはもう一つ理由があって。その理由こそ、吉田カバンの自信から来ている。値下げしないでも売れるってこと。それだけ安定した需要があるっていうのは日本人に支持をうけているってことだ。(HEAD PORTERのアパレル部門は割引あったりするけどな。)

まとめ

職人の力でいいものを作り企業がそれを売るっていうのの普通のことを真面目にやっているからこそのポーターのよさ。スタンダードが1番大事ってことだね。