赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

洋楽初心者におススメしたい ちょっと難解なカッコよさ Pavement



 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819164910j:plain

もうこの前からPavementばっかり聴いてます。ローファイブームを作った(ブームになったかはわからんけど)とりあえず、めっちゃ聴いてます。知らない人は聴いてほしい。

 

 

Pavement

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160819164941j:plain

読み方はペイブメント。音楽やってたらペイブメントとの名前ぐらい聴くでしょう。

聴いたことない?ないか。そうだよね。ペイブメントはどっちかっていうと、知る人ぞ知る界の大御所みたいなもんだからね。オルタナオックの大御所。たとえるなら、知名度的にドクターワイリーみたいな存在だ。ロックマンは知ってるけど、ドクターワイリーは知らない。そんなポジションだ。

 

彼らの音楽はローファイとされた。ローファイ=ペイブメントと言っても過言ではないというくらい。

 

ただ、とっつきずらいということは全くなく、かなりポップで陽気である。おそらく音楽的に潔癖であった時に聴いていたら、『あ、こいつら演奏あんまり上手じゃないやんけ。楽器はきれいな音で、音質きれいなやつが最高や。』とか思っていたかもしれない。

 

 Pavement/Stereo

ペイブメントを聴いてほしいのは洋楽初心者。彼らのポップセンスは、癖がある。外国独特の癖が強いわりに、かなりポップで聴きやすい。そして、その若干の癖は、様々な音楽を聴く突破口へ通ずるものがある。

 

アルバムを聴いていて全体的に感じられるのは『なんかやる気あんのかな』っていうちょっとネガティブな見解だろう。オルタナティブ全盛期のアメリカで、90年代に活躍したバンドだ。

 

耳障りとまではいかないノイジーなリフに甘いメロディがのる。そんでいきなりドカーン!みたいな。静かにやってドカーンときて、また静かにやって。みたいな。ただそんなに静かじゃないけど。というかマジでポップ。ポップなバンド。聴きやすいポップなバンド。

 

難しいことは一切してない。(ただ楽器はそれなりに上手らしい)

もしバンドを組むならペイブメントを目指してほしい。僕も新しくバンドを組むならペイメントみたいなのをしたい。たぶんバンドをしている人に人気のバンドとあげられるかもしれない。

 

Pavement/Cut Your Hair

ねらってやっているようで、自然体に見える。ライブ映像を見ていてわかるがなんか楽しそうである。大学生のころに、なんかノリでバンドやっていたときはスゲー楽しかった。よくわからんセオリーにガチガチに固まっているのがばからしく思えてくるような、そんなバンドだ。(決して大学生バンドレベルと言っているわけじゃないぞ)

 

まとめ

ってことで、この夏はこの暑さの下、ペイブメントを聴くのをオススメする。暑いから陽気に生きたい。ただ、あんまり頑張りたくはない。そんなあなたにきっと溶け込んでいくだろう。若さって素晴らしい。彼らは若いのかもわかんないが、なんだか若いっていいねってなる。