読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

邦楽に飽きた。洋楽初心者には、 Now,Nowってバンドがおすすめ



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216173601j:plain

どうもこんにちは佐々希です。今回はNow,Nowについて。海外ガールズオルタナのマイナーバンドっていったらNow,Nowだ。とにかくナウい。Now,Nowだからだ。

Now,Now

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216173614j:plain

読み方はナウナウ。ナウナウはアメリカ、ミネアポリスのバンド。ミネアポリスってどこやねん。メトロポリスか!調べてみるとミネアポリスは意外と音楽の街。ミネアポリスサウンドっていうのもあるそうだ。今度また書くわ。

女の子2人に男の子の1人のバンド、日本ではGO!GO!7188とかMASS OF THE FERMENTING DREGSとかこの構成ですね。羨ましい限り。

Now,Now/Thread

2003年、フロントマン2人が16歳の時に高校で結成。結構昔に結成したのね。今の今までコンスタントに活動中。てことは、いま28歳か。キャリア的には長いけど、年齢的には若手の歳。若き才能だ。活動期間の長さに対して、今の所アルバムは2枚。EPが4枚。この記事で今知った君もすぐに追いつける。
なにが魅力かっていうと、サウンドがかなり日本寄りってこと。日本のロックサウンドの英語版って感じ。今流行っているジャパニーズインディーオルタナがアメリカにあったらこんなサウンドだ。

タイトルの通り、日本のガールズバンドに飽きたり、物足りなさを感じたらまずNow,Nowをオススメする。入門として大変優れている。いい意味でシンプルだし、ところどころ入ってくるバンドの音以外の電子音がナウさを引き立てる。

Now,Now/Dead Oaks

レーベルがdeath cab for cutie(デスキャブフォーキューティー)のギター、クリストファーウォラが運営するtrans records.彼女らもデスキャブを聴いて育ったのか、どこか似ているところがありますね。シンプルさと聴きやすさはデスキャブからきているのかも。 その他にもボーカルは少しシリアスで繊細、ダークで元気な女の子って感じ。Paramore(パラモア)らへんのポップパンクの影響を若干感じる。日本でもデスキャブとパラモアは人気。Now,Nowも絶対人気出る。

まとめ

新しいアルバムが出た時日本のメディアがプッシュしたら絶対売れるバンドのひとつだ。おれ流行る前から知ってたし的な意識高い発言をするためにチェックしておこう。しかし探せばいくらでもジャパニーズオルタナ風をやっている海外バンドがいる。この記事をきっかけに日本のロックばっかり聴いている奴が洋楽もきけるようになったらめっちゃいいのに。

Threads

Threads

Cars

Cars

Neighbors

Neighbors