読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

いい仕事をしたしゃべくり007と MOROHA



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214184110j:plain 今回はMOROHA。すごいね彼ら急上昇。

MOROHA

今回、しゃべくり007というTV番組に出演した生田斗真さんの企画、紹介で、MOROHAという2人組のラップグループが紹介された。今回でMOROHAを初めて知ったという方も多いだろう。彼らはかなりシリアスで、窮屈な日常を歌にし、何とかその状況をうまく変えていこうというストイックな精神性を感じられる曲を武器に闘ってきた。

MOROHA/三文銭

というかすごい再生数だったらしいですよ。公式サイトはアクセス多すぎてサーバーダウン。Youtubeでは1日に5万再生されるというバブルが起こった。これはつまりTVを見ていた方たちにMOROHAの曲が伝わったということであろう。

メディアと夢

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214184137j:plain

彼らは『でれんのサマソニ』というサマーソニックの出場権を勝ち取るオーディションで曾我部恵一さん(サニーデイサービス)に才能を見いだされ、そのまま曾我部恵一さんのレーベル『ROSE RECORDS』に所属することとなる。

MOROHA/震え立つCDショップにて

しかしながら、レーベルに入ったらそれでおしまいということではないのが音楽業界の厳しいところで、メジャーレーベル、インディーレーベルにせよ、結局セールスがない限りはサラリーマンの年収ももらえないものだ。勿論曲がヒットすれば、それなりに印税等でアーティストの懐は潤うようになり、音楽活動に集中できる期間が増えるため、より上質でいい音楽を作れるようになる。しかし一方で、懐が潤う、つまりセールスがいいことによって与えられる次回作のプレッシャーが大きくなり、核となる部分がぶれてしまう可能性も存在する。結局その時に大事なのがアーティスト自身の実力や、今までの人間的経験がものをいうのだ。

まぁそれは置いといて。今回のこの紹介で多くの人がMOROHAというバンドを知ることとなった。これは非常に大きなことで、活動宣伝費等を持っていないインディーの人たちにスポットライトを与えたTV番組、生田斗真さんは音楽界にとって非常にいい仕事をした結果となった。昨日のあのTVの中には、全国のインディーズで活動するバンドマンに『夢』を与えることとなったのだ。そしてTVの中にまさしく『夢』があった。偶然かもしれないが、このMOROHAという2人組と、TV関係者は『夢』のある仕事をしたのだ。

まとめ

今回のことでMOROHAを知り感銘を受けた方は、これをきっかけに是非ともこのMOROHA周辺の音楽を知ってほしい。アンダーグラウンドには、彼らにも勝るとも劣らないアーティストがいることも事実だ。というか、あなたのライフスタイルにより密接した歌詞を書く、音を奏でるアーティストがいる。その探求をぜひして頂きたい。MOROHAも最上級にいい曲を書くアーティストだが、MOROHAだけではなく、その仲間たちにもあなた自身の手で小さなスポットライトを浴びさせてあげてほしい。僕自身も人のこといえるほど知らないんだけどさ。結局最低限メディアによる情報や話題性のあるものしか手に届かないのも事実。

上京タワー / バラ色の日々

上京タワー / バラ色の日々

MOROHA II

MOROHA II

MOROHA

MOROHA