読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

洋服のメンズ、レディース の見分け方。



 

http://www.flickr.com/photos/32104790@N02/8366737219

どうも。本当は、この間の記事に全部書く予定だったんだけど、文字数が半端ないことになったから、こっちに書く。メンズとレディースの見分け方について。
 

 

そもそも、新品の洋服が好きで古着屋なんてめったに行かない人たちには関係のない話かもしれないが、古着屋には、リサイクルショップには、『これメンズ、レディースどっちだ?』ってなる服がちょくちょくある。
 
メンズレディース関係なく着る人も多いが、やはり性別にあった服を着たほうが、しっくりくるのも事実。シルエットとか、型とかね。レディースでも最近はメンズライクに作られている服も多い。だから、見分け方を考えてみようと思った。
 
 

 

 

 
この間の記事。僕は見た目だけで試着せず買ってしまったので間違えたわけ。
 
さて、僕みたいな間違いがないようにここでは皆さんに、メンズ、レディースの見分け方を研究した。

メンズ、レディースの判別。

 
まず見るべき点をまとめてみる
 
1, タグ、サイズ表記
 
2, 右前合わせか、左前合わせか
 
3, ブランド
 
 この3つさえ押さえておけば大丈夫そうだ。

1,  タグ、サイズ表記

ひとつ目の『タグ、サイズ表記』の件だがこれはタグにレディースとかメンズとか書いている場合がある。一番簡単である。
 
Mens M とか Leadies Mとかね。
 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160129202208j:plain

これは書いてるパターンのやつ。

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160129203208j:plain

これは書いてないパターンのやつ。

書いてない場合。主にSとかMとかしか書いてない場合は、次の右前合わせか左前合わせかに進む。

2, 右前合わせか、左前合わせか

 
ボタンタイプの洋服はこれで8割くらいわかる。(ZIPタイプの服は3番に行かないとわからん。)前合わせというのは、ボタンを絞めたときに、前に来る部分のことだ。
 
これが右前合わせで。

http://www.flickr.com/photos/94236263@N00/92248304

 

これが左前合わせ。

http://www.flickr.com/photos/85546319@N04/21138103065

 

もちろん、シャツも同様だ。ポロシャツとか、そういったものもしかり。
 
これ、なんだかややこしいので僕は、『右ボタン』か『左ボタン』かで覚えている。
左にボタンがついていたら、レディース。右にボタンがついていたらメンズだ。
 
しかし、これはほとんどの場合がそうであるってことだ。決して、この通りではないのが最近の洋服事情。僕が買ったのはは右ボタンだったのにレディースだったわけだ。
 

3,  ブランド

 
さて、ここまではパッと見で確認できることなんだが、これでもなんか怪しい場合は、この3番のブランドというものを確認するべきである。
 
ブランドタグがある場合は、スマホでその場で検索してみると、意外とすぐにわかる。メンズを展開しているブランドか、レディースを展開しているブランドか。これで9.5割、確実性が出る。
 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160129203737j:plain

これとかZIPジャケットでメンズと言われても問題ないくらいだが、ブランドが『RNA』というところの物で、レディースを中心に展開しているブランドだ。このことからレディースの可能性が高いと予想できる。

 
 
しかし、たまにブランドタグが付いてない時がある。その時には、内タグの生産元の会社を調べてみるとよい。その生産元でもわかる。
 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160129202318j:plain

 

この(株)コムデギャルソンをググる。

 

 

 

コムデギャルソンじゃわかんないけどな!!!

 

場合によっては、この会社がメンズしか作ってなかったり、レディースしか作ってなかったりするから、しっかりチェックだ。

 

ちなみに、この会社検索をしてみると、意外なところがつながったりするから面白いぞ。よくわからん昔のブランドの服が、超有名ブランドの会社が展開していたものだったパターンを何度も経験しているぞ。

 

注意

 
日本で展開している洋服はすぐに出るが、海外のはなかなか出てこない場合が多い。そこはもう気合で調べるしかない。というか、もう諦めよう。
 

まとめ

でも結局のところ、似合ってれば何でもありだと思います。レディースでも、メンズでも。かっこよければいいんだよ。そして自分が納得していればいいと思います。

というか洋服は試着してから買えよ!絶対試着しろ!まじで!

 

 

 

メンズウェア100年史 (P-Vine Books)

メンズウェア100年史 (P-Vine Books)

  • 作者: キャリー・ブラックマン
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
ファッションの歴史

ファッションの歴史

 
洋服と日本人―国民服というモード (広済堂ライブラリー)

洋服と日本人―国民服というモード (広済堂ライブラリー)