読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

【更新再開】お久しぶりです。つーかサラリーマンっていつ時間作ってるんだ。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005136j:plain

 

どうも。お久しぶり。本当にお久しぶり。ここまでブログを休んだけど、なんだかむずがゆくなってきて、また始めます。よろしくお願いします。最近めっちゃ忙しすぎて更新が全然できていないですいません。

時間の作り方は上手なほうだが、まさかここまで日々の雑務に追われるとは。くそったれー!!

 

時間の作り方、もっとうまくなりたいぜ。

ということでゆるゆるだらだら。更新していきたいと思います。

 

月に10記事目指して頑張りますわ。というか、時間の作り方さえうまくなれば、もっと記事も書けるのにと思うのです。

 

 

時間の作り方。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005130j:plain

ここへきて、もう一度、時間の作り方を考えてみる。

サラリーマンは時間がない。だって、朝起きるのが6時とか、帰宅は8時とかだ。たぶん僕はまだ余裕があるほうだ。僕の友人の闇が深い会社は7時出社の終電帰宅とかあるから全然平気だ。

さて、最終的に時間はどこで確保するか。確実に確保できる時間を有効に使わなければ先は見えない。

 

いろいろなものを見ているが、やっぱり有効に使うべきなのは 

朝の時間。

昼の休憩時間。

寝る前の時間。

である。

そして、睡眠時間を削るのが最も王道で、最も手軽だ。

 

朝の時間

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005108j:plain

 

世間的に、早起きがブームになった時期がある。エクストリーム出社とかいうやつ。出勤時間の2~3時間前に起きて、山に登ったり、本を一冊読んだり。何とももまぁむちゃくちゃな時間の使い方だ。

ただ、朝方は頭が一番冴えている。脳の疲労が0にの状態で起こす行動はめっちゃ効率がいい。何かやるなら、早起きして朝に行動したほうがいい。夜は脳が付かれているためだらだらしがちだ。そうなるくらいなら、絶対に早く寝て、早く起きて何かしら趣味に打ち込むべきだ。

 

昼の時間

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005128j:plain

休憩時間がある会社は、お昼の時間も恵まれた時間である。たった30分かも知れないが(会社によって違うのだろうが)それでも、記事1本の半分は書けるくらいの時間だ。知識も詰め込めるし、頭の勉強にもなる。お昼の時間を有効活用しよう。

 

夜の時間

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005208j:plain

独立する一つの理由に、睡眠時間がほしいからという理由を見かけた。

裏をかえせば、独立する前とかなにか目標があるとか、そういった大きなことを成し遂げるためには睡眠時間を削らなければいけないということだ。でも寝る前は頭がもう疲れてるからだらっとしちゃいがち。エクストリーム出社に切り替える人が多いのも無理はない。

 

 ググってみると、どうやらすきま時間というのをみんなはうまく使っている。15分も4回で1時間。1時間あれば多くの知識は詰め込める。ブログならなれてしまえば1時間でかきおえることできるだろう。建設的に時間をつかうべきだ。

 

社会人の理想的なすきま時間の使い方。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20161021005732j:plain

思ったのは移動の時間を有効につかうべきだということ。バスや電車で出社できるならそれが理想。最も理想的なのは家から2分とかその感じである。そのための引っ越し等は大いにするべきである。時間を実質的にお金で買うことになる。

 

すべての生活に必要なものが身近にあればあるほど時間は短縮できる。スーパーが近いとか、そういうのも時間の短縮につながる。つまり、生活に必要なものを見定め、それを身近にまとめることこそ時間短縮のテクニックである。

 

何より大事なのはすきま時間の見つけ方だ。すきま時間は無限にある。マルチタスクを行うのに慣れれは、風呂にはいりなからスピードラーニングは聴けるし、皿を洗いながら膝の筋トレだってできる。時間を切り詰めればなんだってできるのだ。

 

ただ、陥りやすいのは時間を切り詰めすぎて休むことを忘れることだ。体は疲れる。心も疲れる。これは必然的である。バランスをとりつつ時間をみつけていくのが、自己実現へと通じる。結局時間とも、バランスよくつきあわないといけないわけである。

まとめ

久々の更新すぎて、なにが言いたいのかようわからんが、忙しい人の中でも最強なのはやるべきことがリフレッシュと同等の価値を持つひとだと考えました。なんでもかんでも楽しみながらできると、休憩なんていらんのや!

まぁそれはさておき、今日から時間を見つけていろいろ更新していきたいです。宜しくお願いします。