読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

アンチが多いが立派なビジネス キュウソネコカミ



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215095635j:plain

今回はキュウソネコカミ。やりかたは面白い。音は個人的に苦手です。

キュウソネコカミ

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215095651j:plain

最近のバンドを聴いていて、歌詞が面白いというか、リスナーに近いバンドを見つけた。キュウソネコカミ。彼らはカテゴライズ的にすごい面白い位置にいると思う。

ロックなのか?

音的には前回紹介したThe Mirrazのような、ギターロックのダンス的な感じ。曲や歌詞の展開はかなり似ていると思う。でもちょっと違うのはキュウソネコカミのほうがポップで面白みがある。わかりやすく言うととっつきやすいといった具合か。まあミイラズ+シンセサイザー的な感じなんだけど。

キュウソネコカミ/ファントムバイブレーション

皮肉の多い歌詞が特徴的なキュウソネコカミ。彼らの歌詞で面白いのがとにかくふざけている感じだ。投げっぱなしだ。問題提起の後のフォローというかそんなの関係ない感じ。

あと、あざとい売れ方に好感が持てる。日常のあるあるネタを文字にしてる。こういったレビューとかマジでどうでもいいって感じのスタンスをとることにより、自尊心を大切にしているリスナーに対しての一定の満足感を与えることに成功している。そういった人を大量に釣ってる。キュウソネコカミとレーベルからしたらおいしい話だ。

キュウソネコカミ/ビビった

ってことで、面白い『売れに行き方』をしている。この面白い売れ方こそコミックバンドとしての姿勢として楽しいなと思っちゃうわけだ。 言ってることとしても一定の層に『わかるなー』というかなりニッチなものに対してのもの。

まとめ

大阪のバンドだからか、きっとみんな楽しん人たちだ。友達にいそうな感じをじわりじわりと滲みだしている。そしてなかなか現代の流行や流れに共感できない、またはムカついている人たちのその隙間を拾うかのようなバンドだ。取りこぼし防止ネットだ。音楽界の隙間産業だ。でも、ビート的には現代のダンスビートの感じ。よくある感じ。

キュウソネコカミはクローズアップ現代!!的だ。好きな人はすごい好きで、嫌いな人は嫌い。そんなバンドだろう。でも現在、万人に受けてて、ここまで売れてるってことは、そういった隙間的な思想の音楽に需要があるってことだから(あくまで思想ね)売れたいバンドは真似すればいいと思うよ。でも僕は好きになれませんでしたけど。すごいと思うのと個人的な好き嫌いは別なんで。

人生はまだまだ続く(初回限定盤)

人生はまだまだ続く(初回限定盤)

[asin:B00ES6NNDI:detail]

10代で出したかった

10代で出したかった