読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

DIYの素晴らしさ。ポップの革命 KINGONS



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214182845j:plain

 

アスリート並みのポテンシャル、KiNGONS!

KiNGONS

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151214182855j:plain

 

KiNGONSってしってる?SET YOU FREEによく出ている彼ら。キンゴンズはマジで本気だ。マジもんのマジだ。マジモンのUKの古き良きロック大好きの4人組なのだ。

圧倒的なライブ

また、彼らの魅力はライブだ。ライブが本当に素晴らしい。並みのバンドマンなら彼らのクオリティーに心ボキボキになります。あと、とにかくニコニコしている。孫に欲しいくらいニコニコしてる。そしてライブを見ていて、絶対的にわかることは4人のテンションやバンドとしての立ち位置的な部分をお互いがお互いに理解してると思う。仲良いんじゃないかな。みんな。

KiNGONS/KONOKOEWO

音楽に対しての向き合い方は完璧である。この狭い日本を飛び出して海外でライブすることはもちろんのこと、もう全部『自分たちでやったるでー感』が半端じゃないのだ。D.I.Y精神はバンドマンには必要だが、彼らもD.I.Yの精神が隆々なのだ。その精神こそがポテンシャル高い証拠。ハードコアに通ずるね。

 

完全にビートルズ系の古き良きイギリス直結の風貌から、初期ビートルズの優しくも荒々しい感じにラモーンズのストレートシンプルなパンクを合わせたもう聴きやすさのエッセンスしかないバンド。その聴きやすさの純度を最高までたかめると、キンゴンズの完成だ。イメージとしてはフルーツミックスジュースだ。みんな大好きで優しいけどちゃんとパンチのあるポジションの飲み物的な。

バンドを長く光らせる為に

KiNGONSは多分メンバー間の微妙な距離感を大事にしている。ツアーやライブの本数も多く経験値もかなりある。その説得力が結局ライブに出る。 あと曲も1発でいいなと思うのも大事。 これ!ポップな気分まじ大事。シンガロングちゃう。

KiNGONS/WONDERFUL GIRL

まとめ

日本のパンクって結構おもしろいのおおいよね。ガチなのからソフトなパンクまでいろいろといる。キンゴンズのポップパンクが日本で浸透したらもっとみんなの聴く音楽に多様性がでていい感じになると思うんやけど。ブルーハーツがパンクで市民権を得たように、キンゴンズも市民パンクのスタンダードになってもいいし、キンゴンズ自身、そんなにアクが強いわけじゃないから可能性的に高いと思う。目指せ第二のパンク市民権。

 

 

 

WONDERFUL GIRL

WONDERFUL GIRL

 

 

 

POP OF THE WORLD

POP OF THE WORLD