赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

めちゃ歌うまポップ歌謡お兄さんうまうま 奇妙礼太郎



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215154644j:plain こんばんは、佐々希です。今日は奇妙さんについて。

ライブを見に行ったことがある中で本当に歌がうまい、心ふるわせるバンドがありました。それが奇妙礼太郎さん。本当にやばすぎた。

奇妙礼太郎

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215154658j:plain

正直、奇妙さんのことを全然知らない。奇妙さんって誰やねん。奇妙って言いやすいな。妖怪みたいなのかな。って思っている人がいるかもしれない。でもコマーシャルにも出てるんだよ。テレビ大好きっこは見たことあるだろうね。

奇妙さんの面白いところは自分の好きな曲をカバーして歌うことですね。いいですね。こうやってプロが歌っちゃうのがクールですね。ってことで奇妙さんの、代表カバー『オーシャンゼリゼ』を聴いてくれ!

奇妙 礼太郎/オーシャンゼリゼ

気持ちいいですね。いい顔してる。

彼は1976年生まれの38歳。長淵剛、CHAGE and ASKA、浜田省吾等の日本人から、リトル・リチャードやサム・クックからも影響を受ける。22歳から本格的に歌い始める。

奇妙礼太郎

今思ったのは結構年齢が上だってこと。まだ30歳ぐらいかなと思ってました。地道にコツコツやっていったってことですね。プロフィールだけ見て決めるのはあんまりよろしくないですけど、こういう地道にコツコツの人は歌に説得力があるっていうのが僕の持論です。実力先行で注目されると良いファンが付くんです。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215154713j:plain

また、そのほかにも、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団という形態でバンドをすることも。この楽団も本当にレベルが高い。まるで、絵本にも出てくるかのような、サーカスの楽団的なバンド。ファンタジーラブですね。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団/ 君が誰かの彼女になりくさっても

奇妙さんから感じられるのは歌に対してのLOVE and PEACE。『いい歳してラブアンドピースとかなんなんだ』というかもしれないけれど大人の無邪気なLOVE and PEACEは突き刺さります。The BeatlesのALL NEED IS LOVEに似た、いやらしくない感じです。

まとめ

バンドは歌唱力よりも大事なのは表現方法ですが、歌唱力も表現もうまい人なんてそうそういません。奇妙さんはその2点を持つボーカリストとして素晴らしい。どちらもないに越したことはない。歌がうまいだけではダメだし、表現がすごすぎるだけでもダメ。ボーカルってすごい難しいんです。安易にボーカルになるんじゃなくて、ボーカルやりたい人はその辺覚悟しといてください。

東京ブギウギ

東京ブギウギ

GOLDEN TIME

GOLDEN TIME

  • アーティスト: 奇妙礼太郎,奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2011/09/07
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る

桜富士山(通常盤)

桜富士山(通常盤)