読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

新しいアルバムが待ち遠しいバンド。KIMONOS



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112306j:plain

今回はKIMONOS。アルバムよかったよね。ていうか画像デカすぎた。

KIMONOSってバンド名もいいよね。日本のオルタナティブロックバンド。ZAZENBOYSとLEO今井がコラボしてできたバンド。一回だけの企画系のバンドかもしれんけど、めっちゃ良いバンドだ。

KIMONOS

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215112316j:plain

ZAZEN BOYSのひたすら流れ続ける無機質感とLEO今井の少し癖のある否定的なPOPさが奇妙に絡み合い、これもまた独特の雰囲気が出ている。変拍子がある中での、和洋折衷。

LEO今井はマルチリンガルで様々な言葉を巧みに操れるボーカリストだ。LEO今井の英歌詞によりZAZENの和風の語感を見事に中和し、いい意味で洋風なアプローチを可能にしている。邦楽好き、洋楽好き問わず受け入れられる見事なマッチングだ。まいっちんぐまちこ先生のようだ。

遊び音楽

このアルバム一枚しかないが、このアルバムの完成度はとても高いと思う。一曲だけ細野晴臣のカバー曲がはいっている遊び心と、(Sports Men)LEO今井と向井秀徳を『繋げた』とされるTokyoLightssを最後に持ってきて、やりたいことをやっている感。音楽においてのフリーダムさが象徴されている作品だ。

KIMONOS/Sports Men

一曲一曲は全くつながらない、自由なコンセプトがあるとおもうのだが、これが奇妙に折り合い、特殊な流れを作る。偶然の産物ともとれる面白いものである。

PVも無機質だ。このSoundtrack To MurderはNew Waveの影響を感じさせるシンプルな曲。シンプルな曲ほど聴かせるのが簡単だが、単調になってしまいがちなので、構成や展開が肝となる部分である。でもこの曲Cメロがすごいイカしてます。勉強になりますって感じだ。

KIMONOS/Soundtrack To Murder

まとめ

なんでもできるやつが2人集まればなんでもできちゃうよっていうアルバムはいい。吉川布袋のCOMPLEXからはじまるこの大御所感こそ、ファンにとっては、とても嬉しいものである。一回きりじゃなくて次のアルバムも作って欲しい。でも向井とLEO今井のことだから気が向いたらって感じなのかも知れない。期限を設けていいアルバムができることもあるが、その人によってタイムリミットあるなしに対しての向き不向きがあるはずだ。多分この2人はタイムリミットがない方が生き生きした自由なアルバムを作れると考える。でも僕はまってるぜまじで!早く次のアルバムつくってくれー!

Kimonos

Kimonos

Made From Nothing

Made From Nothing

すとーりーず

すとーりーず