読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

hysteric panic よりHysteric Picnic派だ。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215123200j:plain

こんにちは。佐々希です。今回はルーキーアゴーゴーに出る、hysteric picnicの話。hysteric panicだと思って開いた人は残念。パニックしないでピクニックでした。てかこのバンド名前めっちゃ似てますよね。同じバンド名はけっこういますけど、似てるバンド名といったらサカナクションとサカナモンですね。

今は改名して「Burgh」となってます。

Histeric Picnic

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215123212j:plain

僕はけっこう前にHysteric Picnicを知ってたんですけど、hysteric panicが出てきて、うっかりhysteric panicをHysteric Picnicと間違えてうわーめっちゃ有名になったんだなー、と思ってましたけど、それはhysteric panicだったから知らんなーってなって、その後Hysteric Picnicもルーキーアゴーゴー出るってことだったんで、どっちもいけてるんやなーと思いました。

hysteric picnicはもともと2人で活動していたバンド。テープレコーダーでトラックを流しながら演奏するスタイルで、めっちゃアングラアングラしてました。

これが2人の時。奇妙でローファイ。

BassとDrum加入後に現在のスタイルに。ちょっとゴシック入ってるかんじ。無機質なバンドサウンドはまさに壁のよう。そしてカルト的。Cultpopと言うアルバムがあるんだけど、まさしくその言葉の通り。Nowaveとかその他諸々のダークな感じが好きにはたまりませんな。現在は以前よりもわかりやすく、バンドバンドしているので、とっつきやすい感じがあります。
Hysteric Picnic/Homosexsual

これが4人の時。どうですか。80年代の感じしますね。ポストパンク万歳。

まとめ

ヒステリックパニック聴いてる人がヒステリックピクニック聴くようになったら面白いなと思って記事にしてみました。ポストパンク、80年代の音楽は魅力がいっぱい。インディーの世界にはその年代の音楽をコツコツやっている職人がいるんですよ。いいですね。もし音楽を聴いて(何でもいいけど)興味を持って掘り下げて、いい感じだなと思ったらその年代の音楽を聴きまくってみるのもいいかもしれませんね。そして、その年代の音楽をやっているバンドを探しに行くのもライブの楽しみですね。

テクノ・ナルシスのすべて

テクノ・ナルシスのすべて