赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

楽器はうまくなくて、ヘタでいい。バンドが形になればいい。【ヘタウマ理論】



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160225191626j:plain

ヘタウマ。『下手でうまい』という矛盾を持った、なんとも便利な言葉である。

この言葉、バンドの界隈では意外と使われることが多く、『楽器が下手でも味があればいいんだよ!』っていう意味でよく使われる。

 

簡単に言えば、テンポが安定しなくても、そして、ギターソロがまともに引けなくても、ベースが単調すぎて音の粒が立ってなくとも、『バンド』として成立していればなんでもいいんじゃねーかということである。

僕はこの『ヘタウマ』に関しては大賛成である。なぜかというと、『楽器がうまくないから、バンドを組むのに抵抗がある人』が意外と多いからである。

楽器がうまくなくても形にすれば『かっこいいことができるよう』になるというのを今回で証明したい。

さて、ヘタウマの代表と言ったらぱっと浮かんだのはRAMONESである。

 

ヘタウマ理論

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160225190910j:plain

衝動でバンドを組んで、今なおバンド史に残る名曲を数々生み出したバンドだ。

知らない人も多分Tシャツとかで見たことあるんじゃないかな。

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160225191818j:plain

このバンド、『うまくなってるのを待っていたら、バンドを組む前に死んじまう』という名言があるほど。これを聴いてくれ。

 

RAMONES/Blitzkrieg Bop

聞いてわかる通り、1つも難しいことはやっていないが、形になっているのがわかるだろう。まぁこれは映画のワンシーンなんだけどさ。

このRAMONES。バンドが好きなら聴いたことはあるだろう。あまりに有名なパンクバンドである。

 

 

ちょっと話はそれてしまうが、RAMONESの知名度もあってか、パンク系の音楽=簡単に始められるという、間違った解釈が横行してしまう。その結果、技術力のないバンドは安直にパンクすればいいみたいになっちゃう。

高校生、大学生バンドに多い傾向。派手なパフォーマンスをすることによって何とかおもしろい、かっこいいバンドに見せようとする。

そんな僕も楽器が下手だった。ラモーンズみたいにすればいーやみたいな安直な理由で、パンクバンドを組んだことがあるが、まぁダサいバンドだった。

ちなみに、パンク好きな人めっちゃうまいから。楽器めっちゃうまいから。びっくりするほど。

 

 

簡単な演奏を形にする。

もちろんすごい衝動があって、何か気にくわないことが多くてイライラするようであればパンクをすればいいのだが、楽器が上手じゃないからパンクするか~とか考えている時点でパンクはやめといたほうがいい。その時点でパンクの衝動は消えている。だから楽器が下手だからパンクをしようとするのはやめておけ。というかこの記事を見ているなら、もっと別のジャンルをしたほうがいい。

今日僕は初心者でも簡単に形にできるようなジャンル、音楽を紹介しよう。

 

それは・・・

 

 

 

インディーポップ!!!

 

http://www.flickr.com/photos/19026588@N00/686527067

 

どやぁぁぁぁ。

 

 

 

 

(このブログインディー系多すぎだろ!とか言ったやつ出て来いよ。)

 

 

インディーポップといってもかなり幅広い。定義もあいまい。そして、僕が大好きな音楽でもある。だからこそ面白い音楽はたくさんあるのがこのジャンルである。

さて、では、おすすめのヘタウマなバンドを今日は3つ紹介しよう。

 

Best Coast

アメリカのデュオ。ドラムとベースはサポート。サーフガレージ系。歌がうまい。

(広い意味でインディーポップ。)

 

No Age

 

ロサンゼルスの2人組。バンドマンからの支持が熱いエクスペリメンタル系バンド。

(・・・たぶん広い意味でインディーポップ。)

 

Wimps

シアトルの3人組。こんな感じなのに、KEXP(シアトルの有名ラジオ番組)にでてる。ストレートなガレージバンド。

(・・・・・・広い意味でインディーポップであってほしい。きっとそうだ。)

 

 

今回は文字と動画だけ。また後日紹介するかんね!ちなみに、Best Coastは過去記事にあります。

 

 

まぁこんな感じだ。人によっては、うまい下手なんて基準があいまいだから何とも言えないが、とにかくあまり難しいことはせずにかっこよくすることができる、というのを、今回は伝えたかった。

 

まとめ

あと、今回のは極論。とにかくバンドがしたいって人は、いろいろな音楽を聴いて自分でもできそうな音楽をするのが最も最善である。バンドが形になっておけばいい。それがバンドの魅力だ。

でも、『自分がしたいバンド=技術が必要』なら絶対に上手くならないといけないし、もちろん楽器が上手いに越したことはないからね。1回バンドやってみたい!って人がいて、すぐにでも始めてしまえ!と思ったので書いたよ。ライブとかいろいろやっていくうちに、うまくなるしね。

 

 

Suitcase

Suitcase

 

 

 

Everything in Between

Everything in Between

 

 

 

Only Place

Only Place

 

 

 

Ramones

Ramones