赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

ブーツとスニーカーのあいだ。Hender Scheme



 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119112620j:plain

革靴って色々あるね。めっちゃお高いのから、安いのまで。高いのは長くはけるし、シルエットもかっこいい。

 

革靴でも、定番の形っていうのはあって。特にブーツって言ったらこの形。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119100256j:plain

まぁ革のブーツって言ったらこんな感じが定番です。コピーモデルも多数あるね。

そんで、革のスニーカーっていったらこんな感じ。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119102227j:plain

一応アディダスのやつだけどね。基本的にはこんな感じでしょう。

今回紹介する『Hender Scheme』はそういった普通の革靴とかスニーカーからはちょっと外れた靴を履きたいという方におススめのやつ。

Hender Scheme

まず、なんて読むねんって人が大半なんじゃないだろうか。

これはエンダースキーマって読むんだ。早速その中でも人気のモデルを紹介しよう。

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119103305j:plain

 

これ!!!例のあれじゃんか!!!

 

某スニーカー会社のあれじゃん!!!

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119103534j:plain

そう、このエンダースキーマは、某有名ブランドのスニーカーをオールレザーでアレンジするという大胆なブランドである。

Gender Schemeの『G』を1つ超えた『H』にすることによって、ジェンダーを超えることがコンセプトのようだ。

 

まぁなんといっても魅力的なのは革の色だ。肌色って!

革の特色を前面に押し出してるね。経年劣化、いわゆる革の風合いや味を楽しむならこれ以上ない質感である。

また、デザインも特殊なので、靴でおしゃれに見せたい方にはもってこいだ。

もちろん、ぶっ飛んだデザインがすべてではなく、しっかりおしゃれでベーシックなデザインもあるぞ。あと、この色じゃなくても黒や茶色といった普通の色のもあるぞ。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119110817j:plain

こういうのとかね。まぁベーシックな感じだよね。

小物もいろいろとあるぞ。でも個人的にエンダースキーマと言ったらブーツとかスニーカーのイメージ。

靴に関してはちょっとお高め。40000円~70000円くらいだ。ファストファッション至上主義の僕としてはマジで手が出ない。でもほしい。

 

エンダースキーマのコーデ

さて、こういった特殊なデザイン。みんなはどんな感じに合わせているのか気になったのでスナップを少し紹介。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119110453j:plain

 

意外と普通にはけます。配色のバランスを考えると、やっぱり落ち着いた感じに肌色のエンダースキーマを合わせるのが鉄板か。

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119110503j:plain

 

こういう感じのナチュラル系テイストに合わせるのもいいね。ワントーンコーデにすると雰囲気でそう。

 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160119111231j:plain

 

レディースもあるんだぜ。柄のワンピに合わせるとはね。てかもう、モデルさんオーラが全開だから何でも似合いそうである。色白だと意外と合うのかもね。

 

 まとめ

前々から気になってたから記事にしたよ。ハンドメイドなんだってよ。だからお高いのも納得がいく。僕は持ってないけどな。

職人の遊び心がたくさん詰まった靴だと思います。死ぬまでに一回履きたい。

 

 

 

 小物しかなかった。