赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

2chとかで批判ばっかりしやがって。ゲスの極み乙女。叩いてるやつちょっと来い。



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215104458j:plain

私以外私じゃないのーあたりまえだけどね!ってことで今回はゲスの極み乙女。

僕もあんまり知らないですよ。はい。でも正直完成度は高いと思います。

現代ジャパニーズロックの象徴。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215104508j:plain

2015年のジャパニーズロックで今一番注目を集めているのはゲスの極み乙女。(ドラゲナイもすごいけど。)ではないだろうか。この現状ってすごい大切なことで、正直日本のロックは似たり寄ったりで、似てるのは全部消し飛べって!!いう極端な考え方もできるのだけれども、それは排他的だ。排他的なのは世紀末のケンシロウの世界だけでいい。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151215104521j:plain

※世紀末は排他的なのでこうなります。

でも音楽界で手を取り合ってっていうのも違う、じゃあどうしようっていう段階で次の手が出しにくいのが、まさしく今の音楽シーンの現状である。縮小していく音楽シーン、これからの音楽界はスモールコミュニティの力と、それを拾い上げるための『メディアの力』が重要になってくる。

リスナーの発展を担う役割

ゲスの極み乙女。/私以外私じゃないの

聴いていただいてわかる通り、ゲスの極み乙女。は今のポップロックアイコンだ。変なバンド名にダンスビート。これこそがまさしく現代の音楽を表している。正直、彼らも出た当初は消えると思っていた。しかし現実ではどうだろう。

彼らの音楽はほとんどの若者は聴いたことあるだろうし、彼らの姿を見たことある人も多いだろう。そんな彼らはメディアへの露出を多く行う。そのことが実は結構重要な役割を担っていると僕は思う。ロック的な音楽の市民権の拡大にはメディアが重要なのだ。ロックをより浸透させるべきために、ある程度の『入り口』は必ず必要である。

みんなも有名どころから入ってってやつでしょ。そういうこと。ロックに興味のなかった層を拾い上げるという重要な役割を持つところまで『ゲスの極み乙女。』はもう来ている。完全に時代に愛されていると同時に、狙いすました音楽性が呼んだ(自然に出てきたっぽいけど。)結果だろう。

叩くべきは『リスナー』と『メディア』と『あいだに立っている自分たち』

ゲスの極み乙女。/ロマンスがありあまる

タイトルの通り、叩くべきは『リスナー』と『メディア』と『あいだに立っている自分たち』である。もっと深く掘り下げなさいよ!!!って音楽好きが束になってかかっても聴き入れられない。

深く掘り下げられないのはメディアのせいだけではなく、受け取る側の質の問題でもある。(これは仕方のないことなんだけれども。)それに加えてメディアは似たり寄ったりで周りを固めて、深く掘り下げる前に新しい商品を次々と提供しバンドを使い捨てる。

その状況はあまりに悲惨だ。キュウソ的に言うとメジャーデビューしてから消えるバンド多すぎクソワロタだ。

そこで今の現状が良くないって思っている人、つまり『あいだに立っている自分たち』である。この人らの『今の日本のシーンは・・・。』っていう人がやるべきは、リスナーに対して新たな音楽を提供してあげることだ。

ゲスの極みが好きな友達に、とりあえず似たような洋楽とか邦楽とか(思いつかんけどチョモランマトマトとかジャミロクワイとかでいんじゃね、)を貸してあげたり、UKやUSのインディーをよく聴く人には、Ykiki Beatを貸してあげたり8ottoを貸してあげたりして音楽の幅を広げていくことが大事である。

まとめ

とにかくこういった記事を見ている今の君にも役割はあるよ!って言いたかったんです。すいません。ゲスの極みを叩いてもいい。叩く権利は平等だ。でもその次に行動があるともっと個人的に世界が広がると思います。でもぶっちゃけ僕も苦手です。

魅力がすごいよ(通常盤)

魅力がすごいよ(通常盤)

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

ドレスの脱ぎ方

ドレスの脱ぎ方