読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

フォークソング永遠の名盤 吉田拓郎 『元気です』



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160628210828j:plain

拝啓、僕はとても残念でした。

 
どうも。今回は日本の音楽界の大御所 吉田拓郎の『元気です。』について書く。全曲の感想を書く。名盤。
 

 

吉田拓郎『元気です。』

 
何故か家にカセットテープがあって、このカセットテープを爆音で聴いたら面白いなと思ってボリュームを最大にしていた。それが確か小学校5年生の時。
 
そこから約15年たってまた改めて吉田拓郎を聴いてみる。きっかけは青春パンクをやっている友達が聴いていたからである。
 
15年前の明るい気持ちがよみがえれば、まだ救いがあったのだが、全然そんなことはなく、ただただ、歌詞の繊細さと、切迫感に息をのむ。
 
こんなに凄いのかと思いましたよ。アルバム8週目くらいです。ありがとうお父さんのカセットテープ。ありがとう吉田拓郎。
 
さて、解説です。
 

解説

 

 
このアルバムは吉田拓郎の3枚目のアルバム。もっとも売れたやつらしい。まぁ確かに凄い聴きやすい。今の若い人も全然聴ける。
 
1曲目の春だったねの独特のクセが、なんともアウトローでポップ。堅苦しさなんて微塵も感じさせない仕上がりである。
 
2曲目のせんこう花火は、これまた一曲目の明るさをもちながらもしっとりとした曲調。フォークの良いところを余すことなく表している。絶妙な孤独と切なさを感じる。
 
3曲目。加川良の手紙。まじで手紙。本当の手紙をそのまま読んだという曲。この曲は小5の時からほとんど歌詞を覚えていた。そのくらいのインパクトがある。しかし、こういった前衛的なものは毒で一杯になるのが普通である。しかし絶妙にポップさを含んでいる。途中にはいるカノンも良い意味でいやらしいが、アルバムタイトルの元気です。が出てくるタイミングで鳥肌が立つ。ポップと芸術性が共存できている良曲。
 
この後の親切。心の中にある感情を豊富な語彙で巧みに操る。二人の間の距離感をニッチな層に向けて、いや、特定の誰に向かって歌っているようで、聴いている全員に歌っている。女性にはこの曲を聴いて、男の不甲斐なさと繊細さを、もっとわかってほしい。
 
この4曲目の親切から、5曲目の夏休みにいく。シンプルな曲構成ながらもなんとも言えない混沌が待ち受けるモラトリアムを過ぎて、それを懐かしむ大人。結局過去には戻れない。しかし、戻りたいと切望しているわけでもない。その感情をストレートに表す。時代は残酷だ。
 
6曲目の。謎である。憂鬱な感情をいっぺんにぶち壊す馬。なぞの馬。考えさせない為の馬。6曲目の馬。
 
7曲目のたどり着いたらいつも雨降り。この曲はセンスがすごい。途中に声が遠くなる演出。その辺にある染みる曲より800倍は染みる。虚無感が凄まじい。ビートルズのルーシーインザスカイを彷彿とさせる浮遊感。悪い薬でもしたような気分。
 
 

こっからB面

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160628211246j:plain

 
8曲目の高円寺。一気に現実に戻る。荒々しい声、なげやりな曲。君のこと好きだなんて言わないでよかったよ。という言葉をこのなげやりテンションで言うやけくそ感がやけに身近に感じる。
 
9曲目。こっちをむいてくれ。ラブソングだ。5曲目の親切よりもより踏み込んだ曲である。なんでここまで気持ちを言葉にするのがうまいんだ。絶妙な距離感を再び。
 
10曲目のまにあうかもしれない。これも覚えていた。こんなにも背中を押す曲とは。もっと早く聴きたかった。10曲目にあるから良い。
 
11曲目にリンゴ。暗い。緊張感。曲の長さも良い。二人をめぐる不穏な空気。
 
12曲目にはまた会おう。がなる。まじでがなる。ビートルズのヘルタースケルターを思い出す。苛立ちと投げやりの曲。
 
13曲目は旅の宿。シングルカットさせた名曲。宿にふたりで泊まりましたって曲だが、雰囲気のあるリフが、日本的である。純和風の田舎の宿の風景が浮かぶ。
 
14曲目は祭りのあと。もう帰ろう、もう帰ってしまおう。盛者必衰の無情感。朝まで祭りを楽しみ、終わるのを惜しむが、終わらせないといけないという運命の狭間を見る。この世のすべてが終わるわけではないのに、祭りのあとは何か切ない。
 
15曲目。ラスト。ガラスの言葉。比喩的な歌詞で締める。ラストにふさわしい、脱力したもの。ガラスの言葉は結局なんなのかわからぬまま。ガラスの言葉とは結局歌詞なのか。疑問を残して終わる。
 

ガバガバの総評

満点が各項目5ポイント
 
ジャケデザイン 3ポイント
わかりやすさ  5ポイント
芸術性 4ポイント
アルバムクオリティ 4ポイント
 
総合
16ポイント
 
 

まとめ

とにかく、名盤っていうものは世代もジャンルも関係なく入ってくる。名盤は需要と供給がリンクするだけではうまれず、アーティストの志向と聴く側の感性がリンクしないといけない。Youtubeは張らないぜ。まじで。アルバムとして聴いてほしい。しっかり聴いてほしい。
 
吉田拓郎、元気です。これはまじで友達に勧めたい。
 
 

 

元気です。

元気です。