赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

今すぐ売れてほしい。ドミコ って2ピースバンド



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160405225744j:plain

どうも。いろいろしてたらあっという間に時間がたちますねー。今回日本にHindsというこの間記事を書いたバンドが来るんだけどさ。オープニングアクトがドミコってバンドらしいんだよね。初めて知ったバンドなんだけどもさ。なかなかイカしてるんだよね。Hindsと一緒にライブできるっていいなー。

 

 

 

ドミコ

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160405225741j:plain

 

最近いいなと思うバンドは2ピースが多い。No AgeとかKlan Aileenとか。そんで、このドミコってバンドもどうやら2人組のようだ。

インタビューで見たけれども、爆音のライブで、サイケデリック。4ADというレーベルのアーティストが好きなようですよ。前書いたDEER HUNTERとか4ADというレーベル。最近のバンドは『流行ど真ん中の邦楽』に影響を受けて、そのまま直に音を出すバンドが多いからつまんないんだけど、彼らはそういった最近の流行ど真ん中を感じないところがいい。(まぁDEER HUNTERもぶっちゃけめっちゃはやったんだけどさ。でも僕はDEER HUNTER好きだから全然いい。)

 

 

 

 ドミコ/ラブリーカーステレオミュージック

結成が2011年。本当に2人。公式のプロフィールにはアンビエント/サイケデリック/ポップの表記が。アンビエント???(環境音楽ね。すんごい静かなやつ)と思うかもしれないけれど、アンビエントの影響はちょっとだけ感じる。だってすごい聴きやすいからね。

 

ドミコ/おーまいがー

曲を聴けば聴くほど『よくできてるなー』と思います。何が良くできてるかっていうといろいろよくできてる。まず、 聴きやすい。かなり音自体に毒がある。でもこの毒をうまく中和しているのは、まずPOPのセンス。そして、ローファイ加減、音の緊張感の緩和、それに加えて英語風発音の日本語。マジでよくできてる。表現したい音楽の芯をとらえながら、それでいて『音楽的なわかりやすさ』を得ることに成功している。狙ってやったのか、それともたまたまなのかわかんないけど。

 

ドミコ/united pancake

ライブ映像を見てもベースがいないようだ。ベースはサウンドに重厚感を与える。しかし、ベースがいないことをあえてマイナスと置き換え、このノイズが入ったサイケデリックサウンドをプラスとした場合の音楽的エネルギーが、プラスマイナスゼロになって『聴きやすい』というところにフィットするのである。マジで何を言っているのかわからないと思うが、僕もなにかいてるかよくわからなくなってきてる。もうわからなくなってた。かわいい女の子とデートしたい。

まとめ

玄人にもそして初心者にも届きやすい、巧みな音楽性を持っているドミコというバンド。これはマジでビビっときた。久しぶりに若い才能に驚いた。くっそ。かっこいい。ライブ行ってみたいぜ。

このドミコが爆発的に売れたら、ちょっとはアングラのもっと日の目を見るべきバンドにスポットライトが当たるのかもしれない、と希望を持った。

 

Delivery Songs

Delivery Songs

 
深層快感ですか?

深層快感ですか?