赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

サブカルの元祖。環境をおしゃれにクリエイトする音楽 Cornelius



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216052626j:plain

こんにちは、佐々木です。
今回またCorneliusが新しいアルバムをだしますね。というか、Cornelius知らない人結構いるんじゃないでしょうか。てことで、今回はコーネリアスの紹介。

Cornelius

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216052640j:plain

Corneliusはコーネリアスと読むよ。とりあえずこれを聴いてくれ!

Cornelius/Fit Song

エレクトロな雰囲気もあり、バンド感もあり、変拍子でもあり。しかし聴きにくいわけでもない。これがコーネリアスの素晴らしさです。

ここでちょっと説明を。小山田圭吾さんという方のソロプロジェクト。もともとフリッパーズギターというバンドでバリバリムーブメントを作っていた。しかしバンドを解散、その後ソロプロジェクトとをコーネリアスという名義で始める。名前の由来は猿の惑星のあの『賢い猿』です。レディーです。
f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216052704j:plain

目力がすごいぞ!!!

コーネリアスは最初こそフリッパーズギターのコミカルで独自なポップ感を前面に出していました。しかし徐々に緻密で巧妙な大人の為のポップになっていきます。その音楽性が評価され海外ツアーからコラボから多岐にわたり活動をしていきます。環境をデザインする音を出しますよ。すごいなじむ。今ではアンビエントやローファイ、インディーロックを合わせたような音楽。

Cornelius/Point Of View Point

真骨頂は個人的にこれだと思います。どのアルバムも素晴らしいんですけど、1番わかりやすく、感動しちゃうのはfantasma。今夏休みのあなた。より夏休みを華やかにするためにこのアルバムはマストだ。まるで映画をみているかのような展開。最初から最後までどっぷり浸れます。

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216052724j:plain

それじゃあFANTASMAから一曲。

Cornelius/Star fruits surf rider

アーティスティックなジャケットもいいね。初期コーネリアスもいいね。

まとめ

新しいアルバムをだすようで大変楽しみですね。でも今回は1から作り上げたアルバムとしてではなく、ワーク集という形になるようです。近年確かにコーネリアスはソロという感じではなく、楽曲提供やコラボやプロデュースに力を入れてますね。

いい感じのアルバムなんじゃないでしょうか。個人的にはコンセプトアルバム的なのを作ってほしいですけどね。ソロ活動なんでいつしか出るでしょう。何はともあれ新しいアルバム、こうご期待!

Sensuous

Sensuous

point

point

Fantasma

Fantasma