赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

2015年 インディー期待の新人 BOYS AGE



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216031223j:plain

こんにちは。佐々希です。今回はBOYSAGE。

 

 

 
昨日は記事を書こうと思っていろいろ日本の若手と言われているバンドを聴きまくっていました。結局ネットで得られる情報はある程度メディアがプッシュしているものばかりですね。本当にかっこいいのはメディアと逆行していますね。

BOYSAGE

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20151216031233j:plain

今回紹介するのはBOYSAGE。直訳で少年時代ってことですね。この独特な容姿。すごいね。80年代ぽい。それでは、まずはこれを聴いてみて。

 

BOYSAGE/In The DoIdrums

 

どうよ。この日本人離れしたかんじ。かっこええやろ。ローファイやろ。でもどこか日本感あるやろ。でもかっこいいやろ。
 
最近のインディーのありきたりな空気よりかなりハイランクな音を奏でていますね。大人な感じ。夜にぼーっと聴きたくなりますね。このクソ暑いなか暑苦しい音楽聴くよりもこのソフトな感じがいいですね。夏バテしていてもスーッとしみ込む。夏のローファイは冷やし中華みたいな感じですね。すごいウィスパーボイス。朝までガードしてくれそうだぜ!
 

BOYSAGE/Sour

 

 
埼玉の二人組のユニットのようです。海外のテープレーベルから出していたり、コンピに出していたりと外国受けはかなりのもの。公式tumblrにはなんと14ものレーベルの名前がはいってますね。そのすべてのレーベルと関わってます。日本からアイルランドまで。引っ張りだことはこのことですね。
 
2012年に全国流通アルバム出してます。海外人気はすごいのですが、日本ではあまり名前を聴きませんね。なにやってんだ日本!結構聴きやすいやろboysage!そして素晴らしいセンスだろうがよ!

まとめ

日本はローファイ文化はどうなんでしょう。日本ではローファイとよく似た渋谷系という文化がありました。ソフトポップといいますか、小洒落た感じで聴きやすいやつです。僕はこのソフトな感じが大好きなんです。いま80年代のファッションが再び注目を浴びているように、こういったちょっとソフトな音楽に対しての音楽も再評価されつつあると思います。cero,odolに見られるあの感じ。
 
はっぴいえんど風な優しいやつです。
この流れにのってBOYSAGEも良い感じに知名度がたかくなっていけばいいですね。

ELSE [初回生産分のみボーナス・ディスク付 / 国内盤] (MGNF1032)

ELSE [初回生産分のみボーナス・ディスク付 / 国内盤] (MGNF1032)

Calm Time [帯解説 / 国内盤] (MGNF1019)

Calm Time [帯解説 / 国内盤] (MGNF1019)