赤い音楽と青い服

音楽、ファッション、映画でいい感じに飛び跳ねるブログ。

美しいまま続けていく advantage Lucy



f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160604062859j:plain

憂鬱な月曜日にいい感じの気分にしてくれるのはやっぱりネオアコ。ネオアコースティ

ックってやつだ。個人的にネオアコ代表は Cymbalsなんだけど、さきにadvantage Lucyをピックアップする。

 
知る人ぞ知る系のバンドかもしれんが、ネオアコちょっとディグったらでてくるぜー。
 

 

advantage Lucy

 特徴はCymbalsよりちょっと田舎っぽい。もちろんいい意味で。クオリティの高いJPOPって感じ。セバスチャンXとかすきなら多分好き。あとヴィレッジバンガード好きなら好き。
 

f:id:SASAKI-FUJIWORI:20160604062835j:plain

advantage Lucyは90年代の終わりから現在までコンスタントに活動している。びっくりよ!解散しているバンドかとおもっていたんだぜ。結成20年だって。90年代は邦ロックが豊作だった時代。当時の匂いを今リアルタイムで感じとれる数少ないバンドだ。
 
あんまり音楽を聴かない人にもこの音楽はおすすめだ。ここを見ている人たちはきっと音楽めっちゃ聴くやつなんだろうけどな。 
 
 
車の中とか、通勤中とかにあんまり音楽聞きたくないとかあると思うんだけどそういうときもいいよね。あと、大学生に聴いてほしい。ちょっとおてんば系の人。毎日たのしくなるよ。
 
ファンにとっては20年も活動していてマジでありがとうって感じだ。ライブ見たことはないんだけど、きっと年輪も感じられるとおもう。ちなみに一番再生回数が多いのがこれ。

 

advantage Lucy/nico

 
意外とPVないやつが一番人気。
うーん。哀愁がすごい。この後ろでさりげなく鳴っていうアコーディオンが、その辺のバンドとは違う音色センス。こういう独特の路線を攻めているのが90年代の面白いところよねー。
 
advantage Lucy/めまい
 
今はオリジナルメンバーは2人だが、サポートを迎えながらバンドスタイルでやったり、二人でアコースティックスタイルでやったり、いろいろだ。なんかわきあいあいやっていて、限りなく音楽の本質に近い感じで音楽をしている気がする。こうやっていくつになっても楽しむって本当に素晴らしい。
 

まとめ

いくつになっても気張らず、繊細でいることは難しいが、それを継続してやっているってことはマジですごい。根っからの音楽人なんでしょう。ライブがあったら行ってみたいアーティストです。きっとすぐには辞めないだろう。この2人は。死ぬまでやりますよって言っててもおかしくないし、説得力もあるって話。音楽は繊細でも、気合入ってます。
 
 
 

 

ファンファーレ

ファンファーレ

  • アーティスト: advantage Lucy,アイコ,Lynne Hobday,石坂義晴,井上富雄,渡辺等,中村キタロー
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1999/05/12
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 24回
  • この商品を含むブログ (76件) を見る
 
Have a Good Journey the best of advantage Lucy 1996-2000

Have a Good Journey the best of advantage Lucy 1996-2000

  • アーティスト: advantage Lucy,アイコ,石坂義晴,Lynne Hobday,中村キタロー,高野寛,阿部義晴,渡辺等,井上富雄
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/05/30
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る
 
Echo Park

Echo Park

 
advantage Lucy

advantage Lucy

 
めまい

めまい

  • アーティスト: advantage Lucy,アイコ,リン・ホブデイ,高野寛
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/03/08
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る